毎年12月が近づいてくるとお歳暮用の贈答品の選定に頭を悩ましております

毎年12月が近くになると頭の痛いことが出てきます。それはお歳暮の贈答品選びです。お世話になった人へのささやかな気持ちをお届けするのですが、その品物選びに頭を悩ますのです。昨年はハムの詰め合わせセットをお贈りしたので、今年は新巻鮭にしようか?それとも年始のための日本酒を贈ろうかなどといろいろと悩んでいます。この贈答品選定の煩わしさは、夏のお盆の時にも同じように頭を悩ますことになります。一体こんなしきたりは何時から行われるようになったのでしょう。調べてみますと、お中元は中国の行事と日本の盂蘭盆会が結び合ったもので、またお歳暮と言うのは、元々は新年に年神様へ供える品物を本家や家元に年の暮れに届ける行事だったとのことです。
我々庶民の間では何れも江戸期に普及したようです。こうして見ると品物には食料品類が多く選ばれるのにも納得がいく気がしますね。現在では商品券を贈ったりカタログを贈って好きなものを選んでいただくようなこともあるようです。過って私が現役で会社勤めをしていた頃は、会社としては虚礼廃止と言うことで、上司への贈答などが禁止されていたことも思いだしました。頭痛の種ではありますが、何れにしても今年1年お世話になった方々へ、お礼の気持ちを込めた品物をお贈りしたいと思っています。医療脱毛 人気